男女別!LINEスタンプで他人と仲良くなるためのコツ

LINEは今までのコミュニケーションツールとは異なり
スタンプなどの直感的に理解できる、特殊なコミュニケーションが可能なSNSです。
そして、そんな特殊な媒体ゆえに、使い方次第では
相手との距離をぐっと近づけることに一役買う場合も多いのです。
今回は、男女別のLINEコミュニケーション術をご紹介します。
女性相手に連絡をする場合

相手が女性だったらかっこいい系よりもちょっと可愛い系のスタンプで反応してあげると
話題の種になったり相手が興味を示してくれたりするでしょう。
芸人やキャラクター系のスタンプも、お互いの共通の話題のものがある場合には
揃えておくとよりやり取りが楽しめるかも。相手の趣味や好みを把握しておくことが望ましいですが
わからない場合は流行のものを題材としたスタンプを揃えておけば良い反応を頂けることも多いです。
これは流行のものを求めやすい女性ならではの特徴と言えるでしょう。
人気のものだと個別キャラクターのスタンプもあるから相手の推しキャラを揃えてみても好感を得られます。

男性相手に連絡をする場合

男性は引かせないことがポイント。特に萌系やネタ系はディープなものだと付き合いづらいと判断されてしまうかも。
好感が得やすいものとしてはあまりオーバーな感情表現のものでなく落ち着いた意思疎通がしやすいスタンプが望ましいでしょう。
小動物系のような心が和みやすいものも会話をする上で良い反応が得られやすく、特に同性間のやりとりではそういった要素も
付き合いやすい人間と認識する理由とされている傾向があります。

LINEスタンプが審査に落ちる理由まとめ

LINEスタンプ 制作は非常に人気を博しているビジネスですが
実は、ストアでスタンプを売っている人だけでなく
ストアで売れるように申請をしたものの、審査で落ちてしまったという人が非常に多くいます。
そんな人達がなぜ落ちているのか?
これからスタンプ作成をしたいと考えている人の参考になるようにまとめてみました。
1.暴力的である
2.差別的である
3.性的である

まずは上記のような人を怖がらせたり不快な感情にさせるような特徴を持つものが審査から弾かれやすいです。
やはり不特定多数の人が見るものですから出来るだけ明るい感情にさせるものが望まれているわけです。

4.宗教的である
5.宣伝として別所に誘導するテキストが付いている(○○を見てくださいや○○を検索 など)

といった宗教や他の商売に利用できる要素があるものもNGとなります。
LINEでは若年層のユーザーは多い部類とされているのでこういったスタンプから読み取れる情報で
トラブルに巻き込まれたりしてしまう可能性もありますからふさわしくないと審査で判断されてしまいます。

また

6.色数が少ない
7.スタンプ同士の関連性が薄い

という要素は不快にさせないかもしれませんが全体的なクオリティの底上げとして審査内容に加えられているとされています。
販売する場ということを考えるとこのような線引は必要かもしれませんね。

他にも細かい審査の規定は各まとめサイトや公式のページのガイドラインから分かりますが
基本的に誰にでも使えるようなスタンプを目指すことがリジェクトされないための一番大事な事と言えるでしょう。

あなたが作ったLINEスタンプが売れない、たった3つの理由

作ったLINEスタンプがまったく売れない。と嘆いている人をよく見かけます。
そして、そういった人々に売れない理由を聞くと、多くの方が
ストアに他のスタンプが多すぎる。や、そもそも他の人の目に触れていない。
などの外部の要因に理由を求めがちな傾向があります。

しかし、果たして理由はそれなんでしょうか?
確かに、大きな要因ではあるかもしれませんが
まずは、自分のスタンプに原因を求めるべきではないでしょうか。
そして、原因は大きく分けてたった3つしかありません。

今回はそんな3要素をご紹介します。

・使うのが恥ずかしい

使うのが恥ずかしいというのはある特定の人向けじゃないと使えないという場合。
そういった時には過度なネタや表現をしすぎた可能性があります。
・趣味ではない

趣味ではないという場合は、良し悪しに関わらず贈る人に合わないスタンプを送ってしまったというパターンに分類されるでしょう。
そういったことの無いように贈る時は出来るだけ相手の好みに沿ったオリジナルLINEスタンプを作ってあげてくださいね。
・使いづらい

使いづらいさにおいてはパターンの少なさなど利用面の不自由さがマイナス要素になっていることが原因といえます。
余分な感情パターンが多くあるようなバランスの悪いLINEスタンプになっていないか確認してみると良いです。
もし使いやすさをより優先する場合はある程度自分の好みを控えめにして万人に愛されるようなスタンプになるように思案していくと
販売においても使用時においても一定の支持を得られやすくなります。

LINEスタンプで重要なのは、キャラクター、テキストではない?

LINEスタンプは、キャラクターとテキストの2つがメインで構成されており
基本的にはこの2要素がいかに尖っていて、且つ受け入れられるものかが重要になってきます。
しかし、LINEスタンプを実際にストアから購入しようとすると
多くのスタンプが並びすぎていて
テキストなどは見られないことが多いのです。
そこで重要になってくるのが、第三の要素である「色味」です。
今回は、売れるスタンプを作るために使いたい色味にかんしてご紹介しま。
・彩度が高い色や明るい蛍光色は見づらい原因に繋がりやすいので控えよう

彩度が高い発色の良い色は色合いのバランスを崩しやすく見る人にとっては見づらいことも。
特に蛍光色のような明るさもあるような色を多用すれば眩しさを感じすぎて目が疲れる原因にもなるでしょう。
・心地よさを感じる色の使い方をする

色にも心地よく感じるカラーリングがあるんです。
例えば緑と水色なら自然を表す色合いをイメージしますし
赤と白ならおめでたさや日本的なイメージを意識しやすいです。
このように全体的なイメージを親しみやすい色の組み合わせで構築することで統一感ととも受け入れやすいカラーとして
良い効果を生みます。

・綺麗に見えない場合は色数を少なくする

色がごちゃごちゃしてしまう場合は色の数を少なくして検討してみましょう。
最低限の色数からカラーリングを決めることで余分な色の部分が発生しにくくなります。
スマフォからスタンプ画像を見て見映えはどうなのかを調べておくと調整もしやすいです。

恋人同士のマンネリを解消する、LINEスタンプ活用術

LINEをただのSNSだと思っていないでしょうか?
そう思っている方はすぐにLINEへの考えを変えることで、人生がうまくいくようになるかもしれません。
たとえば、LINEの使い方をちょっと工夫するだけで
長年一緒にいる、マンネリカップルの倦怠感が解消するなんてことも難しくありません。
一見魔法のように見える、そんなLINE活用のコツをご紹介します。

・カップルの愛情表現や連絡にLINEスタンプを使っていこう

カップル間のLINEでよくあるのが愛情を表す言葉のやりとりや仕事で帰りが遅くなることなどの連絡。
実際の日常生活で言えない愛情表現でもLINEでは気軽に言えてしまうため、こういったやり取りは珍しくありません。

しかしこういったやり取りが長期的に続くと返信するのが面倒だったりして精神的な負担に変わる場合もあります。
そこで対応としてLINEスタンプで愛を囁くようなものを使ったり遅く帰ることを伝えたりして文章による手間をなくして
いくと毎日行うような連絡でも苦にはなりません。
・お揃いのLINEスタンプがあるといいかも

またカップル間ということでお揃いのLINEスタンプがあっても良いでしょう。お互いに同じLINEスタンプを使い合うことで
簡単に共感している気持ちを示すことが出来ます。
定期的にプレゼントするなど愛する人を喜ばせるタイミングを作ればカップル関係も良好のまま維持しやすくなるでしょう。

カップルの素敵なLINE生活をLINEスタンプでさらに良いものに演出してみてください。