LINEスタンプが審査に落ちる理由まとめ

LINEスタンプ 制作は非常に人気を博しているビジネスですが
実は、ストアでスタンプを売っている人だけでなく
ストアで売れるように申請をしたものの、審査で落ちてしまったという人が非常に多くいます。
そんな人達がなぜ落ちているのか?
これからスタンプ作成をしたいと考えている人の参考になるようにまとめてみました。
1.暴力的である
2.差別的である
3.性的である

まずは上記のような人を怖がらせたり不快な感情にさせるような特徴を持つものが審査から弾かれやすいです。
やはり不特定多数の人が見るものですから出来るだけ明るい感情にさせるものが望まれているわけです。

4.宗教的である
5.宣伝として別所に誘導するテキストが付いている(○○を見てくださいや○○を検索 など)

といった宗教や他の商売に利用できる要素があるものもNGとなります。
LINEでは若年層のユーザーは多い部類とされているのでこういったスタンプから読み取れる情報で
トラブルに巻き込まれたりしてしまう可能性もありますからふさわしくないと審査で判断されてしまいます。

また

6.色数が少ない
7.スタンプ同士の関連性が薄い

という要素は不快にさせないかもしれませんが全体的なクオリティの底上げとして審査内容に加えられているとされています。
販売する場ということを考えるとこのような線引は必要かもしれませんね。

他にも細かい審査の規定は各まとめサイトや公式のページのガイドラインから分かりますが
基本的に誰にでも使えるようなスタンプを目指すことがリジェクトされないための一番大事な事と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です